philosophy of Tempo

ラトリエ テンポのパンづくり

こだわりの製法

自家製酵母・国産小麦

当店では北海道産小麦など厳選した安心、安全な材料を使用し、小麦本来の風味や旨みを引き出すためにルヴァン種、レーズン種、サワー種、ホップ種などの自家製酵母をそのパンの求める特性に合わせて配合しています。

 

低温長時間発酵

パン生地を低温でゆっくり発酵させることで、小麦の持つ甘みと旨みを引き出し、生地が発酵する際の香りが含まれる気泡を極力残すことで酵母独自の風味も加わり味わい深いパンになります。

 

高加水の生地

通常の製法に比べてパン生地に水分を多く加えることで、しっとり、もっちりした食感が持続する日持ちのよいパンになります。

 

地元食材の活用

地元で採れた旬の野菜、果物、水産物などをパン作りに活かすことで浜松ならではの独創的なパンを提供し、地産地消を推進します。

about chef

about chef

シェフ・ブーランジェ

1 古山 健人 (こやま けんと)

1

古山 健人(こやま けんと)

1983年静岡県浜松市生まれ。
大阪で曽祖父の代よりパン屋を営む家系で幼少の頃よりパン屋に憧れていた。
製パン専門学校時代を含めて約10年間、大阪・東京の実力店でパン製造を修行。
その間、1店舗でシェフも経験し、独自のパン作りに対する想いも深まったため30歳を機に独立を決意。
豊富で新鮮な食材が入手できる地元浜松の特性と、
東西実力店で培った技術を存分に活かしたパンを提供する。